加齢によって現れる健康の不調を改善【不調改善アシスト】

耳鳴りと難聴の関係性

耳鳴りとは外からの音がないのに、耳や頭の中に違和感を感じることを指します。 音の表現としては、キーンという高音やジーンという表現で、 年齢とともにより多くの人が自覚するようになります。 ですが近年この研究は進み、適切な治療をすれば治る病気になったのです。 耳鳴りが発生するメカニズムが解明されつつあり、新しい治療法が生まれています。 ほとんどの耳鳴りは、内耳由来ですが、放置すると危険なものもあります。 脳腫瘍、脳血管異常や高血圧由来のものもあり精密検査が必要です。 そして耳鳴りとセットで起こりやすいめまいにも密接な関係があります。 原因不明の耳鳴りが最も多いケースは、脳内のネットワーク異常によるものです。 睡眠不足、疲労やストレスなどが加わることで、興奮して自律神経バランスを崩します。するとその結果めまいや耳鳴りが起こるのです。

耳鳴りやめまいなどのトラブルは、決して聞こえにくいというだけでは終わりません。耳は一般的に、外耳と中耳、内耳の部分から成り立っています。 これらの組織に24時間音の振動が絶えず流れ込んできているのですが しかしその音すべてが脳に伝わるわけではありません。 現代では様々な騒音があり、耳は大きなストレスにさらされています。 そのストレスを受けると筋肉が固まった状態になりめまいや立ちくらみなどが起こり 聴覚のゆがみとして症状に現れます。 めまいや耳鳴りがひどくなれば人の声なども不快に感じ、 社会生活に消極的になります。 言い換えれば耳の不調は心の不調なのです。 お勧めする方法は、リラックスできる高波音のクラシックや楽器音などを聴き、ストレスで凝り固まった耳の神経を癒し、聴覚のゆがみをリセットすることが予防につながります。 脳を活性化して心に活力を与えることが大切です。